個別指導のデメリット

個別指導にはデメリットが存在する


塾に通うだけで学力が向上するとイメージされている保護者の方がいますが、実際にはその通りにならない事もあります。しかし、勉強が苦手な子供に向けた個別指導もあります。個別指導であれば子供のペースで勉強ができる事や苦手克服が可能と言ったメリットがあります。しかし、デメリットも存在している事を忘れてはいけません。

個別指導のデメリットは非常に様々なものとなっており、学力向上に影響をするだけではなく進路等にも影響をする事になりますので、メリットとデメリットの二つを理解した上で塾に通わせる事を決めないといけません。子供に合った勉強方法にしておく事で学力向上は確実なものですが、決して個別指導が一番の最適な勉強方法ではない事を知っておかなければなりません。

個別指導のデメリットは意外と多い


個別指導にはメリットが非常に多いとイメージされる方がいますが、デメリットも多いものです。それは子供が勉強に付いていけない状態になってしまう事にあります。個別指導を受ける事は周囲のペースから離れていますので、自分自身がどのような学力なのか、それを把握しておく機会が少なくなります。もっと勉強を頑張らないといけないのか、まだ余裕があるのか分からない状態になります。また、周囲に同じ勉強をする人がいない事になりますので、切磋琢磨が出来ない事もあります。他にも苦手克服をする事が出来る事はメリットですが、逆に他教科を勉強する機会が減ってしまうので、自分で勉強する習慣を身に付ける必要があるなど困難な問題もあります。