集団指導のデメリット

授業についていくことが難しいことも


受験のために学校の授業だけではなく学習塾に通うという学生も珍しくなくなってきていますが、その際の学習塾選びはとても大切です。
一般的な集団指導を行っている学習塾にはデメリットも存在しています。

集団指導を行う学習塾のデメリットは学校の授業と同じように行われているため、同じような問題を抱えているということです。多くの生徒が同じ授業を受けているので人によってはついていくことが難しくなってしまうのです。
学力というのは個人差が大きいため、その人のペースに合わせて学習しないと十分な学力が身に付かない場合があります。しかし、カリキュラムがしっかりと決められている集団指導の塾の場合には十分な学力が身に付いていなくても授業が進んでしまうことがあるのです。

講師との距離が遠いデメリットも


学校の授業では不十分であるという場合に通う人が多くなっている学習塾ですが、それが個人指導の学習塾ではなく集団指導を行う学習塾である場合には問題がある場合もあります。

集団指導を行う学習塾の場合には講師は担当する生徒数が多いため、生徒との距離が遠くなってしまいます。そのため、もしわからないことがあっても気軽に質問することが出来ない場合も少くありません。
わからないことがあったらそれを解決して先へ進むという学習の基本が集団指導の場合には難しくなっているのです。また、講師側も十分に生徒を気にかけることが難しいため、生徒の方から積極的に質問に行かないと指導を受けることが出来ないというデメリットもあるのです。

春期講習とは、一般的には塾や予備校で春休み期間に行われる講習の事を指します。ただ、春休みよりも長い期間行われている場合もあります。